秘訣が知りたい!細く見える服装|縦長のラインを意識してコーディネイト

ぽこっとしたお腹を隠したいばかりに、
腰まですっぽり隠れる服を選ぶと、

なんだかダボッとして、
気になる下半身だけでなく、
上半身まで太って見えたりするんですよね。

また、むっちりした太ももを隠したいばかりに、
少したっぷりしたパンツをはいたりすると、
余計に下半身が強調されて見えてしまったり。

私の場合、苦手な部分を露出する自信もないので、
結局、隠すこと優先のファッションになってしまい、
隠そう隠そうとして、さらに太って見えるという、
最悪なパターンに陥っています。

「着痩せ」なんてよく言いますが、
痩せて見える服って、どんな服なんでしょうか?

やっぱり少しでも痩せて見られたい!

まあ、がんばってダイエットすることも必要なんでしょうが、
ひとまずそれは置いておいて (・・。)ゞ

痩せて見える服について考えてみました。

ポイントは、いかにコンパクトにすっきり見せるかということ。
ずばり、「Iラインコーデ」です。

アルファベットのIの字のごとく、とにかく横に広がらず、
縦に長いラインを強調するシルエットをつくりあげる
コーディネイトのことですね。

できるだけほっそり見せるには、最適のコーディネイト法と言えます。

とにかく、ボリュームが出にくいアイテムを組み合わせて、
コンパクトなシルエットにまとめていくんです。

センタープレスの入ったパンツや、
縦にボタンが並んでいるデザインなどは、
縦長ラインが強調されて、痩せて見える服と言えるでしょう。

また、色も、できるだけ統一感を持たせるのがすっきり見せるコツ。

内側のトップス+パンツ、トップス+スカートは同一色で統一し、
ロングカーディガンをはおったりすると、
きれいなIラインシルエットが作りやすいそうです。

ボトムスも、パンツなら細身のもの、
スカートは丈の短めのものが良さそうですね。

色のチョイスも悩むところですが、

暖色系の色(赤、黄など)や白は、膨張色、
寒色系の色(青、黒など)は、収縮色と言われるように、
すっきり見せたいなら、寒色系の色を選ぶのがベターでしょう。

ただ、痩せて見えるからと言って、寒色系ばかりだと
地味なファッションになってしまいがちですから、
引き締める色としてうまく活用したいですね。

どうしても、“痩せて見える=黒”と思ってしまいがちですが、
紺・茶・カーキなども引き締めて見せるのに効果的です。

また、洋服の柄も、
体を大きく見せたりコンパクトに見せたりしますよね。

縦のストライプ柄は、目線を上下に向けて、
体のシルエットを縦に長く見せる効果のあるのでおすすめです。

ただ、あまり幅の太いストライプだと、
逆に体のラインが強調されて、
不自然に見えることがあるので、注意が必要だそうですよ。


このように、できるだけほっそり見せるためには、
縦ラインを意識してコーディネイトすることが重要なんですね。

タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。