ホーム » 最終手段【細く見せる・・】 » 細く見える足になるには|靴やボトムス選びにひと工夫

細く見える足になるには|靴やボトムス選びにひと工夫

足の太さが気になって、
ついパンツばかり履いてしまったり、
長いスカートでごまかそうとしてしまったり。

ダイエットをしても、
足だけ効果的に痩せるというのはなかなか難しいですよね。

せめて少しでも、足が細く見えるようにしたいものです。
足を細く見せるにはどうすれば良いでしょうか。

■靴選びで、ほっそり見せる

靴を変えるだけでも、足の長さ・細さは、ずいぶん違って見えます。

足を少しでも長く見せることによって、
足の太さをカバーする靴選びを見てみましょう。

☆色

肌色ストッキングの場合は、肌色に近い白やベージュ、
タイツの場合はタイツと同系色の靴を選ぶと、
靴が、足と縦長につながったように感じられ、長く見せる効果があります。

ロングスカートを履いているときは、
スカートの色に合わせると良いそうです。
色に統一感が出ることで、足長に見えるんですね。

☆ヒール

ヒールのついたパンプスを履くことで、かかとが上がり、
足首が細く、足全体も長くなったように見えます。

少しのヒールでも視覚効果はありますから、
ヒールを普段から履きなれていない場合は、無理をせず、
足の疲れにくいものを選ぶようにしましょう。

足にフィットしない靴を履いていると、歩き方が不自然になり、
足を美しく見せることができなくなりがちです。

また、細めのヒールですと、
比較で、足の太さが目立ちやすくなります。
ある程度の太さがあるヒールを選んだ方がいいようです。

☆形

足の甲が大きく出るデザインのものを選ぶと、
甲が足とつながって見えるため、足を長く見せる効果があります。

☆ストラップ、ベルト
ストラップやバンドのついているパンプスは、
足の太い部分で視線をカットしてしまい、
太く見せてしまう場合があるので、注意が必要です。

☆飾り

リボンやお花など、かわいい飾りがついた靴は
たくさんありますね。

靴の先端部分に飾りがついたものを選ぶと、
視線が靴の先に集中するので、
足の太さに目が行きにくくなり、おすすめです。

つま先部分で色が切り替わっている靴にも、
同じような効果が期待できるそうですよ。

■パンツ、スカートの長さ選び

足が太いといっても、どの部分が一番太いかによっても、
対策は変わってきます。

一番太い部分に、
パンツやスカートの裾がかかってしまうと、
実際よりも太く見えてしまう場合があるので
注意が必要です。

パンツやスカートの長さは、
それぞれたくさんの種類がありますね。

パンツだったら、ショート、ハーフ、クロップド、フルレングス・・・
スカートだったら、ミニ、ひざ上、ひざ下、ロング、マキシ・・・

実際に、鏡の前で着用してみて、

どの長さだと、一番足が細く見えるのか。
どの長さだと、一番足が太く見えてしまうのか。

チェックしてみましょう。

そして、自分の一番、
足が痩せて見えるポイントを探してみてください。

ずいぶん印象が違うはずですよ。


タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。