ホーム » 2013年12月

選び方が知りたい!細く見えるタイツ|色・柄・厚さに配慮してセレクト

選び方次第で、おしゃれの幅がぐっと広がるタイツ。

コートの似合う季節になってくると、
どんなタイツを合わせようかと考えるのも楽しみのひとつですね。

でも、タイツには、様々な色や種類があって、
選ぶときは本当に迷ってしまいます。

足の太さが非常に気になる私としては、
タイツにはどうしても、
すっきり細く、引き締まって見せる効果も期待したいところ。

足を長く、痩せて見せるには、
どのようなタイツを選べばいいのでしょうか。

■色は?

白やベージュ、ピンクやマスタードなど、
明るい色のタイツも豊富にあって、
足元から華やかになれる感じで魅力的なのですが、

これらはみんな膨張色なので、足が太く見えてしまいがちです。
細く見せたいならば、避けたほうが無難かもしれません。

ラメなど光沢が入っているものも、
視覚効果で細く見せるものもありますが、
太く見える場合もあるので注意が必要です。

逆に、黒、グレー、ブラウン、ネイビーなどの収縮色は、
脚を引き締めて見せてくれます。

黒は定番中の定番。
どんなものにも合わせられるので、
数足は持っていたいですね。

また、グレーの中でも、特にチャコールグレーは、
色々なコーディネイトに合わせやすく、使い勝手が良さそうです。

靴やブーツを、タイツと同系色でまとめると、
足が、よりすっきりと長く見えるので、おすすめですよ。

さらに、コーディネイトのポイントになる色と合わせると、
全身がまとまって見える効果が期待できそうですね。

■柄は?

最近では、柄物のタイツが本当に充実しています。
でも、選び方によっては、足が太く見えたりするので注意が必要です。

柄が細かい方が、肌の露出部分が減り、タイツの色部分が強調されるため、
細く見える効果がありそうです。
痩せて見せたい場合は、大きい柄よりも小さい柄を選ぶと良いですね。

網タイツの場合も同様で、網目が小さい方が細く見えるでしょう。

模様は、縦のラインで入っているものがおすすめです。
上下に視線が行くので、脚長効果が期待できますよ。

■デニール数は?

濃色のものを履いても、
タイツによっては、なんだか分厚くて、
すっきり見えないな・・・と思うことはありませんか?

それは、タイツのデニール数に関係あるかもしれません。

デニールとは、タイツなどで使用する
糸・繊維の太さをあらわす単位です。

デニールは、糸の太さや生地の厚さが大きくなるほど、
数値が高くなります。

足の太さや長さは人それぞれ。
タイツも細めの人が履くと厚手に見えるのに、
太目の人が履くと薄手に見えたりするなど、
透け感は人によって異なります。

どのデニールが、一番自分の足をきれいにほっそり見せてくれるかは、
自分で試してみるのが一番ですね。

きっと、自分に合った厚さというものが見つかるはずです。


タグ /

細く見える足になるには|靴やボトムス選びにひと工夫

足の太さが気になって、
ついパンツばかり履いてしまったり、
長いスカートでごまかそうとしてしまったり。

ダイエットをしても、
足だけ効果的に痩せるというのはなかなか難しいですよね。

せめて少しでも、足が細く見えるようにしたいものです。
足を細く見せるにはどうすれば良いでしょうか。

■靴選びで、ほっそり見せる

靴を変えるだけでも、足の長さ・細さは、ずいぶん違って見えます。

足を少しでも長く見せることによって、
足の太さをカバーする靴選びを見てみましょう。

☆色

肌色ストッキングの場合は、肌色に近い白やベージュ、
タイツの場合はタイツと同系色の靴を選ぶと、
靴が、足と縦長につながったように感じられ、長く見せる効果があります。

ロングスカートを履いているときは、
スカートの色に合わせると良いそうです。
色に統一感が出ることで、足長に見えるんですね。

☆ヒール

ヒールのついたパンプスを履くことで、かかとが上がり、
足首が細く、足全体も長くなったように見えます。

少しのヒールでも視覚効果はありますから、
ヒールを普段から履きなれていない場合は、無理をせず、
足の疲れにくいものを選ぶようにしましょう。

足にフィットしない靴を履いていると、歩き方が不自然になり、
足を美しく見せることができなくなりがちです。

また、細めのヒールですと、
比較で、足の太さが目立ちやすくなります。
ある程度の太さがあるヒールを選んだ方がいいようです。

☆形

足の甲が大きく出るデザインのものを選ぶと、
甲が足とつながって見えるため、足を長く見せる効果があります。

☆ストラップ、ベルト
ストラップやバンドのついているパンプスは、
足の太い部分で視線をカットしてしまい、
太く見せてしまう場合があるので、注意が必要です。

☆飾り

リボンやお花など、かわいい飾りがついた靴は
たくさんありますね。

靴の先端部分に飾りがついたものを選ぶと、
視線が靴の先に集中するので、
足の太さに目が行きにくくなり、おすすめです。

つま先部分で色が切り替わっている靴にも、
同じような効果が期待できるそうですよ。

■パンツ、スカートの長さ選び

足が太いといっても、どの部分が一番太いかによっても、
対策は変わってきます。

一番太い部分に、
パンツやスカートの裾がかかってしまうと、
実際よりも太く見えてしまう場合があるので
注意が必要です。

パンツやスカートの長さは、
それぞれたくさんの種類がありますね。

パンツだったら、ショート、ハーフ、クロップド、フルレングス・・・
スカートだったら、ミニ、ひざ上、ひざ下、ロング、マキシ・・・

実際に、鏡の前で着用してみて、

どの長さだと、一番足が細く見えるのか。
どの長さだと、一番足が太く見えてしまうのか。

チェックしてみましょう。

そして、自分の一番、
足が痩せて見えるポイントを探してみてください。

ずいぶん印象が違うはずですよ。


タグ /

実際にあるの?細く見える髪型|輪郭をカバーして小顔を作る

テレビで、モデルさんや芸能人の方たちを見ていると、
あんな髪型にしてみたいなーと思うことが、しばしばあります。

でも、素敵なふわふわのパーマ髪も、
あんなに顔が小さくて、
スタイルの良いモデルさんたちだからこそ似合うのであって、

ぽっちゃり体型の私がやったら、
体の大きさに加えて、頭まで大きく見えて、
さらに太って見えちゃうのかな・・・と心配になり、
美容院では、いつも言い出せずにいます(・・。)ゞ

髪形を変えるだけで、気分はもちろん、
人に与える印象も大きく変わりますよね。

洋服やメイクで、
痩せて見せるテクニックみたいなものがたくさん紹介されているように、
髪型にも、同じようなテクニックがあるのでしょうか?

髪型を変えるなら、
少しでも、すっきり痩せて見える髪型にしてみたいものです。


■ボブスタイル

ヘアカタログなどを見ると、
顔を細く見せるヘアスタイルと言えば、
まず「ボブ」が上げられています。

サイドの髪をおろして輪郭をゆるやかに隠し、
トップにボリュームを出すことで、
顔を小さく見せる効果があるんだそうです。

えらが張っていたり、
頬がふっくらしている人には、
より効果がありそうですね。

とはいえ、サイドにボリュームを出しすぎてしまうと、
頭自体が大きく見えてしまうので、注意が必要です。

■まとめ髪

えらが張っていたり、
頬がふっくらしている人以外の方には、
髪をまとめてアップすることをおすすめします。

髪のボリュームが多いと、頭が大きく見えてしまいますが、
アップすることで、顔を小さくすっきり見せることができます。

■ストレート

横にボリュームを持った髪形は、
頭が大きく見えてしまうため、
ストレートのように縦長のラインを強調すると
痩せて見える効果があるそうです。

■前髪を下ろす

顔の面積を小さく見せると言う意味では、
前髪は下ろしたほうが良いようです。

でも、前髪をしっかり下ろすと、暗い印象になる場合もあるので、
髪の毛の色を明るめにしたり、
軽くサイドに流したりすると良いかもしれませんね。

前髪を厚く下ろすことで、頬のふくらみが強調されて、
かえって顔が大きく見えることもあるそうです。


いくつか、痩せて見えると言われている髪型を上げてみましたが、

実際の顔の形や、スタイルなどによって、
細く見える髪型は、それぞれ違ってくるものだと思います。

まずは、
どこをカバーすれば良いのか、
逆に、どこを積極的に見せていけば良いのか、
自分の顔の形をよく観察してみることが大切です。

そして、自分にとって、
一番細く見える髪型はどんな髪型なのかを、
美容師さんに相談してみると良いかもしれませんね。

プロの美容師さんは、たくさんのお客様のヘアケアを通じて、
細く見える髪型についてのノウハウをお持ちでしょうから、
カットやパーマ、カラーなどについて、
プロならではのアドバイスをいただけそうな気がします。


タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。